title

議論を巻き起こしたラボ・ラボ・コラボ・リサイクル大作戦。

総務委員会に付託された予算審査は5:1、賛成多数で原案可決となりました。

しかし、本会議にて事業中止を求める修正動議が提出される見込みです。

付託審議については地方自治法のおさらいも。

議事は複雑怪奇です。

 

エプソンが開発した世界初の水を使わないオフィス製紙機を2台購入(1台2,100万、一般発売は10月より)という事業ですが、事業効果を疑問視する意見が多数。

 

・フル稼働しても年間140万枚のリサイクル(市では年間1,265万枚を使用)

・ペーパーレス化に逆行する。

・一般発売されれば、多方面から視察に来る、という状況は難しい。

というような意見が。

 

しかし、ボトムアップ(職員発案)事業なので士気にもかかわる。やらせてみては、との声も。

 

事業費の50%を地方創生交付金で賄う、との説明でしたので、交付金の採択(県、国へのプレゼン次第)が受けられなければ、事業をストップせよ、という付帯決議を4:2で可決しました。

 

ただ付帯決議に強制力はありません。

交付金が受けられない、減額された等、様々なケースが考えられます。

それでも実行するのかどうか。

 

経済建設委員会でも競艇事業局予算案に修正案が。

こちらはデジタルアート集団チームラボの「光」のイベントが議論の的。

 

 

 

事業費は6,000万円。

6月から一か月、大村公園の一部で夜間にアートイベントを開催するというものです。

財源の一部が競艇企業局からの繰り入れ。

イベント効果に疑問、とした修正議案でしたが、薄氷の4:3にて否決されました。

 

 

年度最後の委員会審査ということで、定年退職者それぞれにスピーチを頂きました。

役所人生も十人十色、いろいろあるなあ…と。

これまで本当にお疲れ様でした。

 

22日本会議は嵐の予感です。