プロフィール

Profile

プロフィール

北村貴寿(きたむらたかとし)
昭和48年2月6日生まれ
水瓶座 / O型
三城小学校
大村中学校
諌早商業高校 情報処理科
いさはやコンピュータ・カレッジ 卒業
長崎大学大学院 経済学研究科 経営学修士(46歳で修了)
介護サービスセンターベイサイド大村 役員

趣味:バイク、替え歌、山あるき
家族:妻 理子(医師:北村理子クリニック皮ふ形成外科)、長男

選挙歴

2007年 大村市議会議員選挙   1,022票 落選
2010年 大村市長選挙      3,236票 落選
2011年 大村市議会議員選挙   1,673票 初当選
     議会運営委員会 副委員長
     地場産業振興調査特別委員会 副委員長
2015年 大村市議会議員選挙   1,554票 二期目
     総務委員会 委員長
     議会ICT化プロジェクトチーム 座長
2018年 長崎県議会議員補欠選挙 9,880票 落選
2019年 長崎県議会議員選挙   7,512票 初当選

所属議員連盟

日韓友好議連
日中友好議連
九州新幹線長崎ルート建設促進議連
観光振興議連
森林・林業・林産業活性化促進議連
防衛議連(幹事)
拉致問題早期解決議連
ASEAN友好議連(監査)
IR推進議連

所属団体等

大村市障がい者自立支援協議会
大村市在宅ケアセミナー
長崎県中小企業家同友会 大村支部
大村歩こう走ろう会
(一社)大村市観光コンベンション協会
大村北ロータリークラブ
大村市水泳連盟
大村東彼防衛協会青年部
三城小学校区健全育成協議会
富松神社氏子青年会
木場龍踊保存会
倫理法人会
朝起会
(公財)国家基本問題研究所、他

推薦の言葉

政治家にとって重要な資質は、「情熱」、「責任感」、「判断力」と言われており、さらに、常に学ぶ姿勢、行動力そして体力を持つ事が不可欠であると思います。
彼はこれらの資質をしっかり持っており、特に議員を務めながら大学院で学ぶ姿勢は素晴しいの一言に尽きます。
皆様、彼と共に将来を見据えた政治について考え、明るい社会を作って行こうではありませんか。
北村タカトシ君へのご支援を心よりお願い申し上げます。

後援会 会長

sadamatsu_h

北村タカトシ君は何より情熱の人です。

私は大村青年会議所時代に彼と知り合い行動を共にしていましたが、情熱だけでなく行動が伴っていることに何より心を打たれたものです。
言うべきことは言い、そのうえでやるべきことをしっかりとやるという「有言実行」を、本当に大切にしていると感じます。
大村のために役立つことならなんだってやる。そういう正に政治家に必要な資質を十分に持っているから、その情熱を十二分に行動で発揮してくれることは間違いないことだと、自信をもって保証いたします。

どうか北村タカトシ君へのご支援を心よりお願いいたします。

後援会 副会長

satoh_h

「忘己利他は大慈悲心の極みなり」

これは伝教大師最澄のお言葉ですが、実行することは難しい。しかしながら公人には必要な資質です。
彼は白血病に苦しむ患者さんの為に、自ら進んで骨髄移植のドナーとなりました。その経験から大村市に骨髄ドナー支援制度を導入したり、障がい者雇用を推進するなど、苦しんでいる方々、弱い方々の視点を常に忘れず行動できる方です。
私も自信をもって推薦いたします。どうぞ北村タカトシ君へのご支援をお願いします。

医僧

miyamura

「誠実に勝れる知恵なし」

これは19世紀にイギリスの首相を務めた政治家、ベンジャミン・ディズレーリの言葉です。政治家の基本は誠実な事です。私は北村タカトシ君にふさわしいこの言葉を贈ります。
「至誠天に通ず」という言葉と相まって今の誠実さを貫き通して下さい。彼は市民、県民のために必ずお役に立つ政治家になると確信しています。
どうぞ北村タカトシ君へのご支持、ご支援をお願いいたします。

元大村市議会議員

nagaishikenji_pic

誕生~小学校時代

昭和48年2月6日 大村市に生まれる
貴寿(たかとし)と命名される

なんでも親父の名前(尚壽・なおとし)も同じ読みができる、ということで名付けたとのこと
最初は麒宇理(きうり)とつけられる予定だったらしいが、
野菜の名前と言われていじめられるかもしれない、と反対されたそうだ

小学校時代

昭和54年 大村市立大村小学校入学 1年で転校
昭和60年 大村市立三城小学校卒業

さて、どの子でしょう?

携帯やインターネットはもちろんゲーム機も一般的では無い時代
遊びといえば野山を駆け回ることだった
釣りキチ三平が流行っていて釣りを良くやってました、そしてガンダムのプラモデル作り

親父の命で剣道をさせられしばらく通っていたが、
痛いの熱いので根をあげる

なにか他のスポーツをやるなら止めてよい、とのことで
水の中ならば痛くも熱くも無いだろう、と考えスイミングスクールに通うことに

水が合った?のか高校まで続けた

しかし泳ぎこむと水の中でも汗をかくことを知りました
諌早商業のプールに通い、年から年中泳いでいた

書道・公文・絵画教室などにも通ってたっけ

中学校~高校時代

中学校時代

昭和60年 大村市立玖島中学校 入学
  入学後1年たって大村中学校が新設、学年の半数が編入となる
昭和63年 大村市立大村中学校 卒業

合唱指揮者の役をあたえられ、目立ちたがりな性格が開花

オーバーアクションの指揮がウケたのか市内の合唱際や卒業式などの全体指揮をさせてもらった
その影響でクラシックをかじる

カラヤンのボレロを聴いて感動
プロの指揮者になるにはどうすれば?と聞いたところ「幼少より本格的なレッスン受けていて絶対音感がないと無理」と諭され断念

しかし今でもオーケストラもの、特にウィーンフィルが好き

自転車で大村湾一周の最中、民家につっこんで玄関を壊したり、内緒で渡辺美里のコンサートに行ってたら家出騒動になってたりで少々お騒がせでした

学校の水泳部とスイミングスクール(どちらかといえばコチラが中心)でかなり泳ぎこんでいた
日曜はたこ焼き屋でバイトしてたっけ

いたって真面目で健全な中学校時代

絵画教室に通っていた事もあって絵を描くことも好き、
デザイン科がある日大にいきたいなあと、なんとなく思ってた
制服がブレザーでカッコよかったし

しかし通いなれた温水プールがある公立、ということが決め手で諫早商業を受験

高校時代

文化祭での一コマ

昭和63年 長崎県立諌早商業高校 情報処理科 入学
平成3年 同校 卒業

水泳部とスイミングスクールの掛け持ちで泳ぎこむ
高総体で最高100mブレスト9位
従兄弟も水泳をやっており、コチラはブレストの県記録保持者
その悔しさをバネに水泳に打ち込む・・・

はずだったが

バンドを始めライブ活動に熱中してしまう

おりしもバンドブーム、「バンドやろうぜ」なる本も出ていた
目立つギターをやりたかったのだが、仲間に二人もギターがいたのでベースをチョイス

ジュン・スカイ・ウォーカーズ、ジギー、聖飢魔II、ブルーハーツ、ザ・ブーム、ユニコーン、プリンセス・プリンセス、などなどをコピー

それから徐々に洋楽に傾倒

ボンジョビ、モトリークルー、メタリカ、ガンズ・アンド・ローゼズなどなど
中でもミスター・ビッグのビリー・シーンの超絶テクニックに感動
「ギターより目立つ」ことを目標に、タッピングやチョッパーばかり練習していた

いくつかのバンドを掛け持ちしながらあちらこちらでライブ活動
ライブハウスはもとより平和会館から公民館、民家の倉庫まで
とにかく楽しかった

今では宴会芸でギターを弾く程度

また、生徒会長に立候補しみごと当選
が、学校より長期休暇を頂いたため、体育部長に異動となる

卒業式では教室ジャックライブなど
大目にみてくれてた先生、本気で叱ってくれた先生、ありがとうございました
思い出深い高校時代

進学も考えたが、とにかく社会に、東京に出てみたかった、ので就職を選ぶ
スタジオ代や楽器代の為に皿洗いやウェイターのバイトを続けていたこともありサービス業を選択

上京~専門学校時代

上京

卒業後、上京し高輪の某ホテルに就職、ルームサービスに配属される
バブルの残り香がまだまだあった頃で活気もあり面白かった

しかし正社員になったばかりでなぜだか部署異動
他の異動希望があったための調整だという
納得がいかず、人事部長に抗議するも通じず、憤慨して退職

ミュージシャン目指して東京で働こうかとも思ったが
これからはコンピューターの時代、勉強しなおしということで専門学校を受験

専門学校時代

平成4年 いさはやコンピューターカレッジ 情報ビジネス課 入学
平成6年 同校 卒業

2年間の学生生活はとても楽しかった
ウィンドウズの出始めだった
作品発表では、映画検索プログラムをグループで作成
といっても私は押しが効く、ということでプレゼンのみ担当

~現在まで

卒業後、サラリーマン、スイミングインストラクターなど
コーチ時代は体脂肪率一ケタまでいったのだが、いまでは・・・
その後、介護施設に勤務

平成7年 父親と共に”社会福祉法人瑞鳳会 介護サービスセンター ベイサイド大村”の設立準備
平成8年 6月開業

開業して5年間は住み込みで働いていた
祖母の介護、サービス体制構築から夜勤、事務、法人運営、経理、資金管理、宴会芸・・・一通り経験

現在役員を務める

開業とほぼ同時に(社)大村青年会議所 に入会

広報委員長、まちづくり委員長、事務局長
長崎ブロック協議会次世代共育委員会 委員長 等

平成17年 第46代理事長を努める

郵政解散総選挙、長崎三区において公開討論会を開催

おおむら夏越まつり実行委員長 など

平成20年 (社)日本青年会議所 九州地区 長崎ブロック協議会 第34代会長
「政権”せんたく”公開討論会」を開催
北方領土の上陸視察など

平行して趣味の モーターサイクル を通して仲間たちと共に「FARWEST LONGRIDERS」というクラブを結成

「長崎でしかやれないバイクミーティングを」との思いで平成12年より「長崎ピースラリー」を主催

全国のバイカーに呼びかけ原爆をテーマに集会を開催

毎年数万羽の千羽鶴と共に、剰余金を被爆者「語り部」の活動資金として寄付(総額37万円)

平成20年 これまでのテーマに区切りをつけ、骨髄バンクドナー登録推進のイベントとして再スタート

平成18年 ローカル・マニフェスト推進ネットワーク 入会

平成18年大村市長選挙にて公開討論会実行委員会を発足
実行委員長を務め県内初のローカル・マニフェスト型公開討論会を主催

平成18年 妻・理子と結婚

平成19年 「良き政治家になる」という志をたて、政治活動を開始

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です