title

⑥防災力の向上

熊本大分地震や西日本豪雨といった自然災害が頻発しており、地域防災力の更なる強化が必要です。その核となるのは消防団。長崎県の消防団は「消防団の甲子園」である全国消防操法大会で連続優勝、25回には大村市消防団が初出場準優勝を成し遂げました。地域の誇りでもある消防団ですが、慢性的な定員割れが続いています。団員応援事業の周知や処遇改善、装備や教育訓練の充実が必要です。

災害時の要援護者である高齢者や障がい者を受け容れる福祉避難所の指定が進んでいます。しかし、この制度は殆ど知られていないのが実情です。また、福祉避難所は二次避難所であるため、要援護者を一次避難所から移動させる際の判断基準や、どうやって移動させるのかといった訓練は手つかず。要援護者は直接福祉避難所に避難できる制度に改めるべきとの声が上がっています。制度の周知と制度の見直しを目指します。