title

富松神社の御田植祭に行ってきました。

富松神社は神饌田「赤米の郷」を有しており、毎年田植えや稲刈りが行われます。

代掻きも終わって私たちは植えるだけ。

これまでのご準備ありがとうございます。

さーやるぞ~

古式ゆかしく手植えであります。

田植え用の長靴が欲しいところ。

小屋では「さなぼり」用のトン汁が作られています。

意味わかるかな?

 

なれない作業で腰が…

休憩中にはトウモロコシやスイカ、饅頭。美味しかった。

先輩方の手際の良さにリスペクトです。

 

田植え終了。

ズレているのは御愛嬌。

 

「さなぼり」とは田植えが終わった後の直会(=打ち上げ)を意味する言葉です。

語源は、早苗を配り植え終わる、から来ているとか。

秋には500㎏程が収穫できる見込みです。お楽しみに。