title

6月議会が閉会しました。

最大の論点になったのは市庁舎建設の位置。

市が4月に行った説明会や市民と議会の集いでも、賛成、反対、多くの市民の皆さんから多種多様なご意見を頂きました。

 

今回、第41号議案(補正予算)には庁舎建設計画の為の調査費が計上。

一般質問通告19名のうち13名が市庁舎建設について質し、この議案が実質的に新庁舎の場所を決める議案と定義されました。

 

議案についての賛否は拮抗。

調査費を棚上げする修正案が提出されるも、12:11にて否決。

補正予算は13:10にて可決されました。

これで現地周辺での庁舎建設計画が実質的にスタートすることになります。

 

私の議決態度は「修正案反対、原案賛成」

現地周辺での建て替えに賛成、という議決態度です。

 

私の討論(3分)

 

私の主張は、

・決定プロセスについての批判を含め全てが正論。

・最終的には場所の議論になり、何処を選んでも賛否がある。

・早急に着手することが、新庁舎建設にかかる市民負担を18億円軽減させる。

以上が私の議決根拠です。

 

この議案に関しては、会派でも賛否が分かれ、他の会派でも同様でした。

以下は議事の流れの動画です。

 

委員会審査報告(16分)

審査についての質疑(38分)

 

修正動議から討論、採決まで(64分)

 

たかが18億、されど18億。

私の議決にご賛同いただけない方もいらっしゃるかと思います。

棄権しては、というお話も頂きました。

しかし、有権者から付託された議決権を行使するのが私の存在意義です。

ご理解を頂くべく、説明を重ねていこうと考えています。

50年に一度あるかないかの採決。

その重みを感じた6月議会でした。