title

朝立@大佐古、お祝いのお声かけも頂きました。

本当にありがとうございます。感謝。

夜泣きの洗礼受けました…ね、眠い。

さて、6月議会は委員会審査に入りました。

私の配属は経済建設委員会。

審査トピックを抜粋してご報告。

 

・萱瀬ダム貯水率は53.2%

雨不足が続いています。萱瀬ダムは長崎市に日量1.2kt、大村市に1.5ktを供給していますが、このまま雨が降らなければ26日に30%水量を制限するとのこと。

ただ来週は雨マークが続いています。

大村市には渇水対策補正予算を組むと雨が降る、というジンクスがあるようですが…

まとまった雨に期待です。

 

・新規就農者が増えています。

農林の補正予算にてトマトハウス建設1200万、花きハウス3棟建設5000万の補助事業が。

県費が投入されますので市費はそれぞれ200万、800万となります。

トマトハウスは大阪から大村に移住された30代の新規就農者。

農業は未経験ながら、5年後は1500万円の販売額を目指されます。

大村市全体でのトマト販売額3億円を目指すとのこと。

 

28年度の市内における新規就農者は19名。

市の目標数値7名を大幅に上回っています。

年代は10代1名、20代6名、30代6名、40代3名、60代3名です。

内6名は後継者ですが、その他は新たな農業の担い手です。

頑張って頂きたいですね。

花きハウスについては障がい者雇用にもつなげる計画です。

 

・総合運動公園テニスコートは30年度末に供用開始

地権者の移転について時間を要していますが、テニスコート13面については30年度末(31年3月あたり)に供用開始です。

これで総合運動公園1期工事の完成が見えてきましたが、3期まで計画されています。

2期までやらないと総合運動公園の条件を満たせず、補助金の返還があるので、完成にはまだまだ時間がかかりそう。

現段階の2期工事は、広場とサッカーコート2面という計画。

しかし、サッカーコートについては古賀島スポーツ広場が整備されましたので、変更になる可能性も。

 

その他議案外でも様々な議論が。

特に総務委員会は庁舎建設の調査費について議論が集中しているようです。