title

全員協議会が開催されました。

・ベトナム出張の報告について

東京オリンピックに出場するバドミントンチーム事前キャンプの誘致は有望だとのこと。

誘致にあたっては市が滞在費等の費用負担も検討。合宿1回につき、1週間から10日間シーハットを使用する想定です。

大村は体育館不足、さらに拍車がかかるのでは?という懸念も。

 

・大村市産業支援センターのセンター長について

応募者総数146名の中から、長崎市出身・福岡市在住の若杉氏(S42年生)に決定。

年俸1200万円任期1年の更新制。4月1日から雇用、センター開設は7月。

中央大学法学部卒、平成20年41歳にて九州大学MBAを修了されています。

センターの愛称は「O-biz(オービズ)」事務スタッフ2名が5月に採用されます(公募)。

今後は、3月11日13時30分~市民交流プラザにてF-biz小出氏のセミナー。

6月10日14時~商工会議所にてオープニングセミナーが開催予定です。

 

・市役所建設候補地について

最終候補地が示されました。

 


写真の通り現地周辺です。

仮庁舎の必要もありませんし、補助グラウンドを使用されている方々もいらっしゃいますから現実的にはボート場駐車場でしょうか。

バスターミナル併設は有利な財源(平成32年度までに着工)を活用するために断念せざるをえないということです。

また、旧浜屋に入居している、長寿介課・障害福祉課や外局全てが集約されます。

私が主張していた大村駅前周辺は当初の候補地28か所には入っていましたが・・・無念です。

平成34年に竣工予定。今後のスケジュールは画像の通りです。