title

大晦日の恒例記事ですが。今年は月ごとに書いてみました。

・1月

毎年の事ですが1月は行事多し、新年会やら何やらであっという間に流れていく感じ。

グループ新年会の前に風邪でダウン。仕込んだ隠し芸が(涙)

 

・2月

ホームページをリニューアル。これまでブログをいじくり回して作ってましたが、プロにお任せ。見やすくてカッコいいサイトで大満足。

 

・3月

一期目の最終議会。4年4回の全ての定例会に質問に立ってきたので感慨深し。

一期目の主たる成果としては、中小企業振興基本条例制定、ドナー支援制度制定、道の駅構想策定など。

 

・4月

なんといっても選挙。
現職で迎える選挙は初めてだった。

加えて県議選の応援にも入っていたので、自分の選挙の準備が思うように進まなかった。

そこをしっかり助けてもらった後援会の仲間には感謝、感謝の言葉しかない。

二期目も全力でやると誓った4月

 

・5月

選挙の残務整理も落ち着いたところで大学院に通いだした。

選挙で1か月以上まるまる欠席していたので冷ややかな視線が痛い。

40過ぎの手習い、日本人は二人だけで後は中国からの留学生ばかり。何度もくじけそうになる。

議会では新会派「みらいの風」を結成、最大会派となる。総務委員長に就任。

 

・6月

二期目、委員長としての初議会。

安保法制に反対する請願が提出。特定の政治勢力が全国的に組織だって行っている請願、報道で利用された。

そもそも地方自治の範疇を超えている。そして、地方議会を政党アピールの道具にされたような気がします。

初の議事進行も。

 

・7月

松本市長と若手経済人を招いての同友会パネルディスカッション。

コーディネーターを務めさせていただいた。自由闊達な議論でとっても楽しかった。

大学院は追試やレポートでなんとか単位を頂く。

 

・8月

一部の方々が平和式典を汚した。

不寛容と平和主義者が戦争を引き起こしてきた歴史がある。それ知るべきだ。

ブログの記事にもかなりのアクセスがあった。

「私が平和活動をやめた訳」

 

・9月

松本市長が急逝。

過去、私も戦わせて頂いたがハシにも棒にも。

選挙翌日の事を思い出す。

「爽やかな戦いを見せてもらった。まだまだ先があるから頑張って」

と励まされた。

選挙の翌日、落選した相手によくもまあ・・・と思ったが。

賛否はある。

ただそれは権力者には付いて回る仕方のない事だ。政治は戦いなのだから。

大きな政治家だったと思う。

合掌

 

・10月

事実上の市長選挙に突入。友好市議団の事務局をやらせて頂く。

勉強になった選挙戦だった。

 

・11月

私が入った陣営は敗れる。

インターネット選挙の醜さも垣間見えた。

ネット上とはいえ、なぜいい大人があんな心無い事を書き込めるのだろう。

ともかく新市長が誕生。是々非々でやる。

 

・12月

新市長の初の議会とあって傍聴席は過去最高。議案の撤回や審議差し戻し、問責決議と波高し、の議会。

一般質問もホットな論戦多し。私は「ハートは熱く、頭は冷静に」と心がけたつもり。

何より嬉しかったの職員定数条例の修正議案が可決されたこと。

所管は私が委員長を務める総務委員会だったし、これまで関わった二度の修正議案はどちらも否決されてきた。

人事課を何度も呼び出す長時間の審議になったが完全燃焼。

議会と行政の落としどころを見つけることができたような。

 

政治の仕事は合意をつくることだと思います。

その夜の酒がすこぶる旨かった。

 

今年もお世話になりました。

本当にありがとうございました。

皆様にとって新年が素晴らしい年になりますように!