title

振興局再編の方向性の説明を受けました。

「長崎県県央振興局」の画像検索結果"

県央振興局庁舎は築56年、耐震性もありません。

早期な建て替えが急務とされていましたが、具体的に動き出します。

スケジュールはこんな感じです。

規模感としては

・建設費用のみで40~50億程度

・床面積12,000~13,000平米

・職員450~550名(現況330名)

という感じ。

 

議論になりそうなのは、島原振興局の機能がどの程度集約されるのか。

跡地活用といったところでしょうか。

大村市民にとっても馴染みのある庁舎機能。

人口減を睨みつつ、効率性と機能性を向上させなければなりません。

県民の皆様にとってより良いものになるように勧めていきます。

 

現時点での県の考え方。

県央振興局再編の方向性(R1年12月時点)