title

大学院で修士論文に参考文献とした文献に取り上げられていた

70年代の経営研究なので古臭さは否めない

しかし経営にも「貫く棒のごときもの」は確かに存在するのだなと思う。

日本型とアメリカ型経営のハイブリッドをz型と呼んでいる

経営理念の研究におススメです

 

困っている部下を助け、

困難な状況を克服するようにしむけ、

彼が満ち足りた幸福で有能な人間になるよう育成するためには、

忍耐強く周到な配慮を忘れず、

人間に対する深い理解をもった自信ある人が必要になる。

そのような人こそ、真に一緒に仕事をする価値のある人である。

E.ベック