title

大村市在宅ケアセミナーの市民公開講座、

「劇 そいでよか!そいがよかばい!」に参加してきました。

市内の地域包括ケアに携わる様々な職種の方々が、脚本、演出、出演、全てをこなす手作りの劇。

3つの家族のストーリーで構成されており、とても面白かった。

おもわず涙してしまいました。

自分らしい最期を自分で決めよう、という ACP(アドバンス・ケア・プランニング)

この啓発には相当な効果がありますね、これ。

会場は大入り超満員。

これさくらホールでやるべき、というか、市民会館が必要ですよ。

後日、脚本家(笑)に話を伺いました。

大変そうでしたが、楽しそうでした。

皆さまお疲れ様でした。

私も介護の現場を経験してきましたし、若年性がんの友人がいました。

高齢化も相まって、ACPには高い関心が寄せられています。

再演を期待しております!