title

40を過ぎて学びの挑戦であった大学院。

やっとこさ学位審査が終わりました。

 

私は高卒で上京、就職しましたので、大学に漠然とした憧れがありました。

40を過ぎて早稲田大学大学院に進まれた先輩に触発されて、

長崎大学大学院の受験を決意。

大学院受験の為の「大学卒業程度の学力を有する」という試験からでしたので、

入学を許されたのは本当に嬉しかった。

 

合格当時のブログ

 

合格発表、2014年10月の写真。若い(^^;)

 

議員(今は浪人ですが)と仕事と学生の三つのわらじをとっかえひっかえ。

楽しい気楽なキャンパスライフ…があるはずもなく、

議会や仕事が終わって車を飛ばし、夜学とレポートの日々。

研究テーマも指導教授もなかなか定まらず、学びの迷宮を右往左往。

 

研究テーマがやっと決まって書き進めると、仮説を覆す調査結果が(涙)

論文の大手術をする事になりました。

お陰で修士論文は2万字以上なのですが、4万字超えとなりました。

審査結果は3月5日の教授会待ち。

手ごたえはあったような。

 

途中選挙があったり、

子宝にめぐまれたりで休学しましたので5年かかりました。

いやはや長かった。

浅学な私を熱心にご指導頂いた先生方

そしてなにより妻に感謝です。