title

少し前の話になりますが、古賀市長選挙の公開討論会へ。

公開討論会のコーディネートはなんと4年ぶり。

公開討論会の開催運動が始まったのは2003年。

日本JCがそのメインエンジン。
私も仲間達と共にその一翼を担ってきました。
数々の公開討論会に携わってきましたが

市議会の議席をお預かりしてからはお断りする事も多かった。

 

自動代替テキスト��り��ん。

 

 

今回主催する皆さんが開催を決意したのは一か月前。

古賀市は高速道路で通り過ぎたことしかありません。

一度は地元の方で…とお断りしたのですが、熱意にほだされお引き受け。

私のスタイルでは最低でも2回以上現地入りするのですが、古賀市に入ったのは開会の2時間前。

皆さんいかんなく現場力(=現場合わせ)を発揮。

無事に開催できました。

 

画����れ��る�能性��るも�:3人��北� タカトシ�ん�神� 信之�ん����スマイル�立��る(複数�人)�サングラス

 

九州でマニフェスト型の公開討論会の草分けといえば神吉さん。

私の師匠的な存在、久しぶりにお会いしました。

なぜ古賀市のコーディネーターをやらなかったのか理由に納得(^^;)

 

画����れ��る�能性��るも�:北� タカトシ�ん�戸波 真也�ん��スマイル�立��る(複数�人)�座��る(複数�人)

 

宗像JCOBの戸波さんにも激励を頂く。

ありがとうございました(^^)

 

画����れ��る�能性��るも�:1人以上�座��る(複数�人)�群衆

 

公開討論会を通じて「まちの未来」を考える。

全身全霊をかけて戦いを挑むパネリストにお話をお伺いする。

なにより実行委員会の皆さんの思いに触れる。

公開討論会のコーディネーターは何度やっても良いものです。

 

ご丁寧にお礼のお手紙まで頂きました。

「空港のある大村市」から「北村さんのいる大村市」

になりましたとの事。

身に余るお言葉、嬉しいです。

 

 

戦いは既に終わり、新しいリーダーも決まりました。

古賀市の未来が明るく豊かになりますように。

今後は市政の検証ですね。

実行委員会から誰か議会に送り込んだほうが手っ取り早いですよ(笑)

政治とはまちづくりそのものです。