title

大村市議会の経済建設委員会にて、SUMCO TECHXIV長崎工場を視察。

ロビーディスプレイにお名前入りでお出迎えです。

言わずと知れたグローバル企業、大村市には1985年に設立されました。

32年が経過し、社員には「地場企業で働いている」という意識が定着しているそうです。

現在の数は約1000名、その70%が大村市民だとか。家族も合わせると2,000人程の経済圏を維持しています。

ラインの中も見学させて頂き、世界を相手にするビジネスの一端を垣間見させて頂きました。

 

しかし、何よりもすごいと思ったのはその接遇。

議員が来たからおもてなし、という感じではなかった。

これが標準スペックなんだろうな。

私はサービス業の経営者ですが、大変勉強になりました。

 

お昼のランチには友人や同級生と遭遇多数。

皆様お世話になりました。