title

・松並二丁目で発見された不発弾処理について。

現在厳重管理中で21日から防護壁を設置する予定。

設置費用は1,800万円。大村市が負担し、後ほど5割が国から交付税で帰ってくるとか。

 

アメリカに負担して欲しいところですが、これまでに見つかったものも自治体が負担しています。

平成27年では国内で1,392発が発見。

沖縄では毎年500~600発が発見されています。

 

自衛隊による処理は9月3日に行われます。

当日は半径283mに避難勧告が出されます(強制力はありません。営業補償などもナシ)

処理に要する時間は最短2時間だとか。

 

この不発弾、ユンボで宅地造成中、積み上げた土砂から転がり出てきたそうで。

爆発するリスクは…(^-^;

 

ちなみに自衛隊の処理班、これまでミスは一度もないとのこと。

心強いですね。