title

毎日の朝立@産直かやぜ前。

キツイ日差しでしたが風は涼やかでした。

それから大村市戦没者追悼式へ。

平和への祈りをあらたにしながら、散華された御霊に哀悼の誠を捧げました。

戦後72年、世界の混迷はご承知の通り。

平和への道のりは遠のいているような感もあります。
戦争は絶対に起こしてはいけない。

ただ、その為の方法輪は、それぞれ違いがあります。
私は、日本が平和国家の歩みを続ける為に、憲法改正を行うべきだと考えていますが、様々な意見があります。

異論反論があるのは健全な社会の証左です。
心配なのは互いの「違い」を認めない、という姿勢が散見されることです。

批判ならまだしも、直情的、暴力的な表現さえ見られます。

そういった姿勢は対立と分断を招き、紛争、戦争につながるのではないでしょうか。
奇しくも今日から私がオートバイを通して始めた長崎ピースラリー。

2000年のスタートから18年、最終回を迎えます。

これまで付き合ってくれたバイカー達に心から感謝。

結の浜で待っています。