title

会派視察にて熊本総合車両所・FGT検証走行試験場に行ってきました。

 

車両所の玄関駅である「とみあい」

大村の車両基地に設置される駅名はどうなるのでしょう。

「フルーツの里新幹線車両基地福重駅」では長いかな。

 

 

子どもたちの見学も盛ん。

6年前に設置され年間の見学者は6000名から4000名を推移しているとか。

142両の新幹線を整備する敷地面積は20万k㎡、ヤフオクドーム3個分の広さだそう。

 

アント社製のアント(蟻)が新幹線を車両所へ引き入れます。

1年に10回程度しか行われない台車結合作業が行われていました。

 

 

※特別な許可を得て撮影しています。

 

 

ツバメの巣にはえんじ色のフリーゲージトレインも鎮座(真ん中)。

試験走行が終わり、検証が進んでいます。

世界初の技術、なんとか仕上げて欲しいもの。

 

 

社員食堂や宿泊所もありました。ごはんのかわり自由

新幹線が戻ってくるのは夜。夜間作業が多いため、地元雇用が中心とか。

380名が働いています。

大村は100名程度の雇用が生まれる見込み。

 

 

FGTの軌道変更テストを行う場所も見学。

正直よくわからない(笑)

 

雨水利用でしょうか?

鯉や金魚、カメさんが職員の心を癒しています。

 

熊本地震では敷地内も陥没したとか。

道すがらブルーシートのかかった家がそこかしこに。

復興は道半ばです。

 

フォーマルな報告は他の議員が担当します。