title

開業が近づく新幹線。大村市にもかなりの高架橋が建設されます。

高架下の活用方法を学びに、㈱JR東日本都市開発「2K540」を訪れました。

 

「2K540」とは鉄道用語。

東京駅から2キロと540メートル地点がネーミングの由来です。

以前、御徒町駅~秋葉原駅間の高架下は倉庫街でした。

 

高架が人の流れを分断している。街並みが暗い。

そういった課題を解消すべく2010年に開発が始まりました。

 

現在はものづくりのクリエーターが集う素敵な空間に生まれ変わっています。

製造の工程を見学できること、そして販売すること。といった条件があるそうです。

大学や行政とのコラボレーションも進んでいます。

人口が比較になりませんので、大村市に適用できるかは難しいところですが、様々な可能性を感じた視察でした。

 

フォーマルな報告は他の議員が担当します。