title

早朝6時から町内の鬼火焚き&餅つき。

wp-1483932000690.jpeg

H先生による毎年恒例、手書きの年賀メッセージ。

味があります。

wp-1483932024232.jpeg

子どもたちによる餅つき。

あんなに小さかったのに…いまではメインエンジンとなってます。感無量。

wp-1483932006479.jpeg

wp-1483932013368.jpeg

私はギックリ腰が完治せず戦力外通告。

豚汁を頂きつつベンチウォーマーです。

wp-1483932017515.jpeg

昨晩雨に打たれているからでしょうか。

鬼火はなかなか燃えません…

wp-1483932021166.jpeg

お先に失礼して、出初式へ。

予想どうりですがさくらホールは狭すぎてギチギチ。

大会議室に中継していたそうですが、セレモニーは一体感が必要かと…

wp-1483932031753.jpeg

退団者の皆さん、これまで本当にお疲れさまでした。感謝。

 

それから成人式へ。

wp-1483932027869.jpeg

こちらはメインアリーナ。余裕ありすぎか。

保護者の皆さんも揃って着席できることは良かったですね。

それから出初め式祝賀会のあちらこちらへ。

23時まで頑張りました。皆さまお世話になりました。

 

さて、出初式と成人式。

市民会館が解体されてからの初回だったので、関係者の皆さんは大変なご苦労をされたことと思います。

皆さんお疲れさまでした。式の内容はどちらも素晴しかった。

 

問題はハコです。

同日に行われたので、さくらホールとメインアリーナを使用。

どちらがどちらの会場を使用しても帯に短し襷に流し。

出初式はさくらホール。席数が足りず関係者が一堂に介せない。

セレモニーは心をひとつにする場です。

別会場で中継ではいかがなものか。

 

成人式は余裕のあり過ぎるハコでした。

保護者の皆さんと一堂に着席できたのは良かったですね。

でもやっぱり体育館。

セレモニーに必要な空間の雰囲気というか気品というか…そのようなものが感じられない。

この辺は私個人の感覚です。

 

来年からすぐできるハコ問題の解決策は日程調整。

別日に開催し、どちらもメインアリーナを使用すれば「狭い」という課題は解決できます。

しかし、どちらにしてもセレモニーに必要な空気感の欠如は否めず。

 

大村市にあるホールや会議室の数は、諸行事を割り振っていけば、現状でも不足は無い、とされています。

故に文化ホールの建設は優先順位が上がりにくい。

そして、セレモニーや文化の費用対効果の測定は難しい。

 

10万都市を目指す大村に必要なのは何でしょうか。

様々な視点がありますから、総花的になるのは否めない。

 

では、今足りないものは何か。

それは文化の花開く場所だと思います。

この街に生まれて良かった。

大村で育って良かった。

移住して良かった。

そんな幸福感を感じられるような瞬間を作り出せる文化ホールが必要です。

 

費用対効果では測りにくいし、無駄だという声もあるかもしれない。

しかし、現在97%の稼働率を誇るシーハットも、建設前は不要論がありました。

古くは長崎空港にさえも不要論があったと聞きます。

 

私は大村市に1500席ほどの文化ホールが必要だと思います。

このクラスであれば興行も成り立つと聞きます。

交通の結節点で優位性のある大村市です。

長崎ブリック、佐世保アルカスの2000席ホールで行われる興行を大村で獲る!

そんな気概をもってすれば素晴らしい文化拠点都市になりえる。

「大きすぎる」と考え委縮するより、「どう使うか?」という創造的思考を持つことこそが、必要です。

 

相当の事業費を要しますが、未来の大村市民の為にも必要かと。

そんな事を訴えたかった12月議会一般質問は残念ながら時間切れ。

3月議会はその続きからやらせて頂きます。

どうぞご意見やご要望をお寄せください!