title

僕の友だち

僕の友だちが、逝った。

早すぎるけど逝ってしまった。

ちょっとばかり年上だった。同じ時代を過ごしてきた。

お互い若かった。少しばかり愚かだった。

深夜まで、時には夜が明けるまで口論した。

一緒に大酒を飲んだ。

飯をくった。

汗をかいた。

僕の考え無しなやり方にも「しょうがなかの」といって付き合ってくれた。

ありがとう、鶴ポン。

どうか安らかに。

とても、寂しいです。