title

二日目の審議は企画調整課分の補正予算。

県が県内自治体と協働して4月から設置する「ながさき移住サポートセンター」の応分負担。

全体の事業費は4600万ですが、大村市の負担分は約146万です。
 

人口割等で決まりますので、高額とは言えませんがしっかり移住促進につなげて欲しいもの。

目だったアクションを起こさずとも人口が微増する大村市。今までは「待ち」の姿勢だったかもしれません。

人を呼ぶのは人。都心での移住相談会に積極的に参加するように要請。

 

oomuraife

 
おおむライフ「私が大村に住んだ理由(と書いて”わけ”と読む)」 
 
リンク先、下の方に動画があります。wmvなのが惜しい。

 

最後に5500万円シティプロモーション事業、財源変更など一連の経緯について。

そもそも3月議会で予算が計上される際、内容が甘すぎる、としながらも国の交付金への手上げ事業。

自腹は痛まないので、上限一杯を狙ってしっかり取って活用せよ。

そんな認識で承認したのです。

 

しかし採択されたのはソーシャルビジネスのみでした。

財源変更を専決承認したのですが、一般質問では3月には既に取れない事が分かっていた、という答弁。

議場で市長が謝罪するという事態になりました。

所管は総務委員会なので、ゼネラルマネージャーも招聘して、詳細を質しました。

 

 
当初のプランは、
 
・地域資源開発 1000万
・マーケティング調査 1500万
・プロモーション 1000万
・ブランディングマネージャー招聘 180万
・アンケート32万
・公用車ラッピング 920万
・偉人顕彰パネル設置 520万
・パッションフルーツ緑化 430万
 
でしたが、現時点で
 
・公用車ラッピング 920万
・偉人顕彰パネル設置 520万
 
を見合わせる、との事。
 
残りの内容についても、5つのプロジェクトチームを立ち上げて検討、秋ごろに議会に報告する、との事でした。
 
乏しい自主財源を使ってやる事業です。
費用対効果はシッカリ検証していきたいと思いますし、先の再公募に向けて努力して頂きたい。
 
 
再三になりますが、市長を議場で謝罪させるという事態は、行政組織としてあってはならない事だ、と申し入れて委員会審議を閉会。
 
最終日は会派で調整を行い、委員会採決に臨みます。