title

6月議会本会議が開会。
午前中はエアコンが故障し、議場が蒸し風呂状態。
エコクーラー=うちわ、で暑さをしのぎました。

また、今議会から議会改革の一環、ICT化がスタート。
本会議中にインターネット接続ができるICT機器の持ち込み&活用を開始しました。

 

image

さっそく私もノートPCを片手に、頂いたメールと日経電子版を使いながら質問。

・入札情報のセキュリティ向上については、強化する方向。
・民間住宅の公営住宅化については国の動向を見ながら対応を検討。

との事でした。

 

また、シティプロモーション推進事業費の予算5,582万円が減額されています。
聞けば予算が取れなかったとか。

3月議会では、その内容として、
・地域資源開発 1000万
・マーケティング調査 1500万
・プロモーション 1000万
・ブランディングマネージャー招聘 180万
・アンケート32万
・公用車ラッピング 920万
・偉人顕彰パネル設置 520万
・パッションフルーツ緑化 430万

との説明がありました。

 

これを全て止めるのか、それとも一部残すのか。残すとすれば財源は?
説明が求められます。

石破大臣は
「地方創生予算はバラマキではない。良いアィディアを出さない自治体には予算はつけない」
と講演で述べられていました。

皮肉なことですが、これで国のバラマキ予算でないという事がハッキリしたわけです。
他の自治体は予算を確保しているのかが気になりますね。
この件については同会派の村崎議員が一般質問で質します。

 

本会議初日は委員会付託が中心でした。
熱い論戦は15日の一般質問からスタートします。