title

医療センター体育館で開催されている、発達障がい児の為のキッズサッカースクールに行って来ました。

朝からはスクールの見学。

 

wp-1460328348166.jpeg

 

何らかの発達障がい、と診断された50名の児童と保護者が参加。

子供たちが歓声を上げながら、楽しそうに元気に走り回っています。

私は門外漢。様々なトレーニングを見ましたが、発達障がいの有無が、どのような違いとして現れているのかも良く判りません。

ただ運動量が豊富、スタッフの皆さんが大変そうでした。

 

昼に弔問を挟み、午後からは指導をされている先生方のお話をお伺いしました。

聞けば全てがボランティア。かかる費用は手弁当。

会場探しの苦労話や、今後の継続性についても色々とお悩みが。

それでも発達障がいの子供たちの為にと月に一度、三年間続けてられています。

素晴らしいという他ありません。

 

この取り組みは一民間医療機関の善意、医療を志す学生やボランティアの皆さんに支えられています。

 

障がいの有無にかかわらず、その人らしく暮らせる社会づくり=ノーマライゼンションの確立は社会の命題。

発達障がい児の支援も行政が担う役割の一つです。

 

このような素晴らしい取り組みを、今後も継続して行くために、どんな方法が最適なのかしっかり考えてみたいと思います。