title

ペーパーでの審議が終了、所管する部局の事業の現地調査です。

先ずは旧浜屋ビルへ。

wp-1457961476533.jpeg

裏口からのスロープが整備されています。傾斜も許せる角度かと。

 

wp-1457961471777.jpeg

浜屋入口の吹き抜けの名残が。

wp-1457961466468.jpeg

包括センターのカウンター。木のぬくもりが良いですね。

 

wp-1457961462634.jpeg

在宅医療サポートセンターは既に準備を始めていました。

このフロアに医師会、歯科医師会、薬剤師会、長寿、障がいが集積し、地域包括ケアを推進します。

 

続いて建設中の最終処分場へ。

wp-1457961456278.jpeg

40mのクレーンがド迫力でした。

総事業費19億円の大事業、大村市の焼却灰を10年間受け入れます。

 

wp-1457961453133.jpeg

隣の現処分場は29年度で満杯。

2年の環境モニタリングを経て、一般市民に開放される施設になります。

焼却灰等が埋まっているので、宅地などにはなりません。

50cm覆土し、公園などを作る計画です。

 

wp-1457961449199.jpeg

市税滞納により差し押さえられた物件を調査。

酒やDVD、意外なものが多かった。

 

本日全ての委員会審議が終了。

会派の意見調整を経て、議決態度を決します。