title

9月議会最終日は喪章をつけての開会となりました。

wpid-wp-1443502880142.jpeg

冒頭、副議長より追悼演説、そして黙祷。

市長の席には花が。

直ぐに私の委員長報告でしたので万感胸にせまる思いでした。

 

本会議は全議案が可決。

数件は共産党議員の反対により全会一致とはなりませんでした。

 

故・松本崇市長と議論させて頂いた最後の議会。

 

議場で最後に交わした言葉は「参考になったよ」という一言でした。

私の一般質問の中で「政治とは何ぞや」という趣旨に対しての言葉です。

 

政治家は権力者です。

権力には批判がつきものですし、松本市長への評価も様々でしょう。

 

 

激動の人生を生き抜いた、大きな政治家だった。

 

私の率直な感想です。

 

市議会議員という職責を頂き、様々な政策を提案してきました。

中小企業振興基本条例や骨髄ドナー支援、道の駅構想等、政策提案を形にできたのは、市長の意向も大きかったことだろうと思います。

 

 

若輩の身ながら、市長と議論をさせた頂いたこと、生涯忘れる事はありません。

 

ありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

どうか安らかにお眠りください。