title

一般質問初日から議会は紛糾しました。

ある議員の発言に関して異論が噴出、議会運営委員会が臨時開催。

昼休みの間だけでは終わらず本会議が遅れて開会。予定されていた質問が終了後、夕方より再開。

撤回や謝罪、怒号や懲罰を求める発言も。

 

一般質問は其々の議員が其々の信条により発言するソロステージです。

しかし何を言っても良いという訳ではありません。

問題発言については本会議で釈明する、という顛末。

 

私たちが議場で口にする言葉。

それは有権者から信託を受けた議員による公の場での発言です。

議事録が残され、場合によっては自身の進退や訴訟等に発展する可能性もある。

細心の注意が必要ですし、発言の重みを再認識しました。

 

今日も一般質問は続きます。

ご注目頂ければ幸いです。