10通目 05,01,01 あけましておめでとうございます

イメージ 1

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては、夢と希望にあふれる良い年を迎えられたことと存じます
心よりお慶び申し上げます

さて、いよいよ本日より2005年がスタートいたしました。
本年のスローガン「百花繚乱・異体同心・熱く楽しくまちづくり」
のもと、一生懸命に頑張ってまいります。
なにぶん経験不足なところもあり、皆様に支えられての一年間になることと思います。
メンバーの皆様の心を裏切ることのないように誠心誠意、務めてまいります
どうか一年間よろしくお願いいたします。

あるラジオの放送の中で、酉年の”トリ”は取り戻す年、と語呂合わせしておりました。

・・・昨年は自然災害の頻発した年でもありましたし、目を覆いたくなるような事件も起こりました。
まだまだ景気も回復したとはいえず、閉塞感を抜け出せない年であった。
今年は酉年、失ったものを”トリ”戻す年にしましょう・・・

洒落を効かせたコメントですが、私達にも当てはまる部分があるのでは、と感じました。

日本では戦後60年が経ち、日本JCの歴史も55年を迎えました
JCの歴史は我が国の戦後史そのものだと置き換えることもできるかと思います。

焼け野原からの復興を目指して立ち上がった時代、
経済大国といわれるまでに右肩あがりで成長してきた時代、
バブル経済ともいわれた華やかりし時代
バブル崩壊後の苦難の時代
インターネットによる新しいインフラが進んだ現代

それぞれの時代に、それぞれのスタイルで、
共通している一つの思い「明るい豊かな社会をつくる」
為に青年会議所は活動してきたように思います。

そして今、混沌とした現代
私達JCは再び苦難の時代を迎えているのではないのでしょうか?

ここ数年全国的に会員数は減少しております。
また、さまざまなボランティア団体やNPO・NGOが活動しており、
JCしかない時代、から、JCもある時代、といわれるようになりました。
凄惨な少年犯罪は後を絶たず、道徳・礼節、といったものが通用しなくなってきています。

そんな時代の中、我々はいかにあるべきか?

それは私達JCが、”己を律し、力強く元気であること”です。

そして、”JCの力”を取り戻さなければならないと思っております。

一企業人として、一地域人として、一JCメンバーとして、
ビジネスにも、地域社会にも、社会開発にも
己を律しながら、力強く元気に、一心不乱に取りくみ行動することによって、
私達が元気になり、JCの力になり、まちが元気になり、まちの力、ととなっていく、と確信しております。

全てに一生懸命・・・なかなか難しいことかもしれませんが、
私達は一人ではなく、仲間がいます。
肩を組みながら一緒に頑張りましょう

どうか一年間よろしくお願いいたします。

                平成17年 元旦 北村貴寿

PS 
年賀状はお手元に届きましたでしょうか?
とあるメンバーの力作です(^^)v
”熱く楽しく”頑張りましょう!

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です