207通目 歴史まちづくり戦略協&新幹線シンポジウム&新聞コンクール表彰式

JCデイ


今日は一日中JCでした、まずは午前中、歴史を活かしたまちづくり戦略協議会
長崎国際大学 の学生さんが大村公園でとったアンケート結果、そして観光振興計画の協議、
というか報告会。アンケートには生の声のリアリティがありました。
それなりに厳しい結果だったと思いますが、裏を返せば今後の可能性を秘めている、ということでしょうか。

イメージ 1

現状から観光を考えていくのは難しいかもしれませんが、観光は創るものという視点もあります。
「街の光を見る=観光」まちづくりとも密接なかかわりがあります。
私たちの街の光をどう作っていくか考えることは楽しいですね(^^)

イメージ 2

小又副理事長のカラーがこんなところに(^^;)

お昼は長崎市をはじめとする県内7市5町で構成される、
九州新幹線西九州ルートを地域のために活かす研究会主催の(- -;長いな)
新幹線を活かしたまちづくりシンポジウムの為のランチミーティングです。

このシンポジウム、新幹線の地域振興効果についての基調講演の後、
新幹線に関わる各地域の代表があつまってパネルディスカッションをやるというもの。
画期的なのは伊万里市、武雄市、嬉野町といった佐賀県からも共催での出席があったということです。
ランチミーティングでは各地域の観光に関するまちづくりなどのお話を伺うことができました。

そして本番、会場は満席、そして平均年齢高め(^^;)
大村市長をはじめ歴々の挨拶の後、パワーポイントを使った講演
講師は (財)ながさき地域研究所 元長崎日銀支店長の脇田理事長による講演

イメージ 3

東北の例などをあげての経済効果についてや、在来線の話
とても勉強になりました

イメージ 4

そしてパネルディスカッション、パネリストとして
長崎からは 野母商船 の村木専務
諫早から レインボーFM の酒井社長
嬉野からは 和多屋別荘 の小原社長

そして大村からは何故か私に白羽の矢が(- -;)
シンポジウム開催地ということもあり、若手の勢いある意見をという人選だそう。
勢いがあるのかどうかはわかりませんが、自分なりに勉強してがんばってまいりました(^^;)
しかし予定されていたより時間が短く、用意していたネタが出せずじまい(- -;)

終了後は、そのままひとまちづくり委員会による新聞コンクールの表彰式
プレゼンテーターとして市長や教育長、
5作品の受賞者のみなさんとそのご家族にご出席いただきました。

イメージ 5

市長賞授与、応募者の皆さんの活き活きした顔が印象的でした

子どもなりにも未来の大村を考えていただけることができたこの事業
同時にまちの財産も取材していただくことができた、JCらしい、とてもすばらしい事業でした。
議案の差戻しにもめげず、事業を完遂された赤水委員長の粘り腰に改めて敬服
そして委員会の皆さん、本当にありがとうございました。
冊子の配布、作品返却まで宜しくお願いしますm(_ _)m

イメージ 6

終了後は大村市役所の一階ロビーに全作品を展示、12月14日まで展示されています。
皆さんぜひぜひご覧になってくださいね、まちづくりのヒントになるかもしれませんよ(^^)

イメージ 7

カウンターには人口9万人突破のお祝いボードが(^^)
大村市の人口は少しずつですが増加中、街の潜在能力を表しているのだと思います。
大村がもつ「まちの力」私たちのまちづくり活動についても資していきたいものですね

さて、師走です、この理事長の任期と共にブログもあと一ヶ月
今日は06の理事会

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です