モンスター市民

市議会と市民の集い「語ってみゅーか」に参加。

エレベーター予算の件が話題になっていた。
ボートで儲かったから1億かけてエレベーター5機を住民センターに設置。
それも県外業者に発注というもの。

エレベーターは無いより良い。しかし老朽化して耐震強度も怪しい住民センターに増築するのはモッタイナイと思う。それに毎月発生する保守点検費用もバカになりません。

それより階段に昇降イスを設置して、和式トイレを洋式に整備するほうが優先順位は高いと思います。おつりが来ますよ。
それに降って沸いたような話で住民からの要望でもない。否決は当然の判断、議会機能が十分に発揮された結果だったと思うが、住民の認識はそうでも無いようだ。

そりゃ「エレベーターつけますよ~」なんて話せば住民は期待するでしょう。しかし決議もしていない前からちょっと先走りすぎたのでは。議会軽視の発言と言われてもしかたがない。ましてや「議会に否決されてしまった」となれば市民が議会に反感を持つのも無理はない。そんなこともあってか対立ムードの集いでした。

あとは環境についての話題が多く悪臭がひどい、と言う話が何件も。
私も環境審議会で質問したが、市側は苦情は減っている、という回答だった。
住民が独自に調査を続けていると言う話もでたし、全くつじつまあいませんね。
どうなってんのかな?

そしてモンスター市民が。

市議会は3人で良い、不要だ、無駄だ、と糾弾バリバリ。
あげくのはてに仕事を邪魔されたなんて話まで飛び出す。

「語ってみゅーか」は市民と市議会が市政について語り合う機会だ。
全国的にも先進的な取組みだし、継続すべき機会だと思う。
それを「市議会を批判する場」と勘違いされているようで、聞いてるこっちがウンザリでした。

政治家や権力者、リーダーといった類は批判されてしかるべきだとは思う。
しかし建設的でもないし、場所もわきまえない行きすぎの発言だったように感じた。そんなら自分で立候補して自分でやれば?って感じでしたけど。

とにかく色々と勉強になった機会でした。
感じたことを提言書にも盛り込みたい。

市議会の皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です