会心の

コーディネイトでした。手前味噌ですが。

今回は私との討論と、パネリスト同士の討論の二部構成にした。
休憩もしっかり入れて、18:30~21:00超と長時間だったが、退席は少なかったように思う。

パネリストも抑制が効いていて聞きやすく、それでいて違いを際立たせる進行が出来たように思う。新聞報道が気になるところだ(事前のレクチャーが効いたか)。
また両者のマニフェストには謳っていなかった市民に求める「痛み」についても語っていただくことができた。
両陣営からも好評を頂きました(まあ面と向かって否定はできないんでしょうけどね)。

ただマニフェスト資料の構成がちょっとやりにくい部分もあった。
九州方式に慣れていたせいもあってが、テーマ設定に幅がありすぎる。
ジャンル違いの内容で討論するのは厳しいですね。
打合わせなしの質問にも答えていただけたのは有難かった。
これは突貫工事、打合せ不足によるものでしょう。

しかし筑後の行政マンは熱い。
政治的中立を保ちながら、政治的機会に積極的に踏み込むことを恐れない。
筑後のまちづくりを担っているという誇りがそうさせるのだろうか。
今後も最前線で頑張っていただきたいですね。

一飯の恩義は返せたか。
JCはボランティアっすよ。

天皇賞の梨でスイーツどうでしょう?(笑)

さて理事会、げ原稿が・・・あわわ

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です