口は入り口

在宅ケアセミナーに参加。今日の講師はM歴代。

演題は
「生活を支える口腔機能の向上を目指して」
~訪問歯科・口腔ケアへの歯科医師会の取り組み~
というもの。

最初のプレゼンテーションには驚いた。
硬い表題に好対照でつかみはOK。がっちりハートをキャッチしての講演は流石です。
口腔ケアの重要さを知らしめる、その為の組織をつくる、実行する、という下りは流石だなあ、とリスペクト。最後に紹介された詩も素敵でした。
ただ歯科医師ならではの専門的な部分もあり、私にはちょっと難しかったかな。
だから勉強しなくちゃいけないんですけどね。

急遽でしたがJCの市民意識調査アンケートにもご協力いただく。
77のサンプルをゲット、関係者の皆様ありがとうございました。
m(_ _)m

口とは

口は人間にとってすばらしいものだ。
それは人間の情緒においても、日々の生活にとっても、また人の美しさにとっても。
口、それは、今まさに私が生きていることを表わしている。
もし動物が歯を失った時、その動物の死を意味する。
歯を失ったとき彼らは生き続けることが不可能であり、その生は終わりを告げ、やがて彼らは死んでいく。
人間にとって、口は会話を楽しみ、愛を語り、しあわせ、よろこび、怒り、 悲しみを表わす。
口は愛情の入り口であり、食べ物をとり、生き、そうして人間は栄えていく。
だからこそ、口はどんな犠牲を払おうとも、十分な注意と管理を受けるだけの価値を持っている。

          Dr. ハロルドワース

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です