サブプライム後に何が起きているのか

学びのつどい(勝手に命名)よりお借りした本

前段はサブプライムローン問題についての証券会社や金融機関の衰退と失敗が事細かに綴られており少々退屈

しかし中段からは面白くなってくる
投資家の怠慢と手抜き
レバレッジ・バブルを支えた格付け会社とモノライン保険の構造
(はじめて知りました)
アメリカを救った富国ファンド

イスラム金融の話も面白かった
リスクヘッジを認めないというのだ
しかしスクーク債権が同じ役割に変身するんじゃないかなとも思ったけど

パスク・ロマーナ
パスク・ブリタニカ
パスク・アメリカーナ
覇権が次に移り住むのは中国なのか中東か

まあ今後はレバレッジは控えた方がよろしいかと

これからの日本経済の盛衰はモノの輸出経済の脱却と主張する

知・サービス・お金を働かせる経済にシフトすべき、そして生産経済に都合が良かった管理・官僚体制からの脱却も条件の一つだという

これからの日本リードする企業として任天堂の名が上げられていた
ゲームやらソフトやら漫画やら話題になって久しい
中国や中東向けの戦略が要になるんだろうか

また、リスクを恐れないリーダーを育てるべき、とも

内需拡大という話もあるがグローバル化が進んだ現在では強烈な保護主義を取らなければその効果は薄いだろうし、パラダイス鎖国がただの鎖国になるだけだろうと思う

私は株や証券は持ったことありません
ギャンブルはマージャン・パチンコぐらいはやってました
(一緒にするなって声もありそうですが)

今では宝くじだけ(^^;)Gジャンボ当らんかなー

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です