大本営発表という権力

大東亜戦争の際に行われた、軍による公式発表について書かれてある

全て軍が悪かったという論調があるが、これを読めば当時のマスメディアも同罪であることが分かる
いくら圧力・検閲が厳しかったからといって、その手先になるような全国新聞や言論人がいる事は救いがたい
そして政府発表をさらに誇張して世論を作っていったのだ

挙句に戦争が終われば手のひらを返したような報道を行う節操のなさ
自らの断罪や国民に対する謝罪は無かったのだ

日本人特有の群集心理というか、アノミー(空気)という病はどうやれば発生するかが興味深かった

そして戦争敗因の一つに、陸軍と海軍の面子に拘った馬鹿げた対立と「精神力で国力が補える」といった合理性の無い、あまりにも感情的・願望的な戦略があることが分かる(戦略と呼ぶにも値しない)

戦略には士気以上に合理性が求められるということも分かります

著者は官製報道は危険で自己陶酔的であったことを最大の教訓とすべし、と訴える

現在のマスメディアと自衛隊に冷静な知見が備わっていることを願うばかり

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です