県庁移転懇談会で佐賀県庁を視察

一言で言えばとても好感が持てる建物

鹿児島県庁の後だからかもしれないが、豪華すぎず貧相すぎず良いバランス
古い建物の部分も使えるところは残した新旧融合の建物

クラシカルで素敵な来賓室にて古川知事に歓迎を受ける
もと長崎県庁マンなだけに参加者と話も弾んでいました

一番の特色は危機管理センターを恒常的なマスコミ対応型にしたということ
そして緊急時以外も記者会見等で頻繁に使用しているところだと思う

緊急時に使ったことも無い機器に触るというリスクを鑑み、常に機材に触れる環境でいる、というところは素晴らしい危機管理だと思う

また正庁があるのが特色だと言う

これも古い部分を残しているところだが、知事が政治家としての居ずまいをただす場所、と話されたのが印象的だった

また各執務室の入り口には長崎と鹿児島には無かった顔写真入の机表
だからどうした、と言ってしまえばそれまでだが、顔の見える県政、という姿勢が感じ取れる

屋上の展望室もすばらしい眺め
佐賀ってほんとうに平べったいんですね

質疑では業者委託や有料広告等について質問を

今度の会議は9月1日

今日までに鹿児島、佐賀県庁のレポートを提出しなければならない
キビシーなあ

といいながら今日は午後から国体長崎県大会の準備委員会の総会→そのままブロック役員会です

リミットはあと数時間(- -;)

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です