一国は一人を以って興り、一人を以って亡ぶ

北方領土の移動のお供

福田康夫氏と衛藤征士郎氏との対談本

領土問題や国連の常任理事国入りについて
政治家としてのありよう等が記されている、対談本なのでとっつきやすく読みやすい
ただ、タイトルにあるような内容の重厚さは無いと思う

発刊は2005年、聞き手は相当小泉首相嫌い?で官房長官であった福田氏に再三問いかけるが(わざとらしさも感じるが)福田氏が小泉氏の政策を否定するくだりは一箇所も無い

そつがない、といばそれまでだが、立派な姿勢だと思う
また衛藤氏の政治理念はとても素晴らしい、と思いました

聞き手によるあとがきはなにやら達観しすぎていて毒が無い
対談本って聞き手に左右されるんだなあ、と改めて思った一冊

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です