突然の別れ

出勤しようとしていた折、会社から電話が

「朝からすみません、ベイが・・・」

昨日散歩をしたときはいつもと変わらない様子で元気に走り回っていた

まだ11歳だ

振り返れば弊社を創業して12年
やっと1年経とうか、という時に親父が連れてきたゴールデンの子犬

最初は事務所の中で飼っていたのだが、みるみる内に成長し、衛生的なことも考え外で飼う事にした

弊社の入り口に特注の屋根と柵を作り小屋を据え付けた

ハンサムで利口な雄だった

少々賢すぎるせいか、顔色を伺うことも覚えていた
強い口調にしないと言う事を聞かないこともあった

来訪者には看板犬として愛想を振りまいてくれた

創業したてのころは住み込みで勤務していた
行き詰る事もあり、気持ちの良い夜に一緒に夜景を眺め、愚痴を聞いてもらったりした

県道を自転車で一緒に走ったり、三浦の海岸に連れて行ったりした

好奇心旺盛な時期、車道に飛び出して、車に引かれ前足を折った
リードを離した私のせいだ

さいわいな事に手術も上手くいき、また元気に走り回れるようになってくれた
入居者も良く世話をしてくれていた

忙しかったり選挙のときは散歩を出来なかったのが悔やまれる

駆けつけてみると冷たくなっていた

外傷などもない
ただ眠っているみたいだ

でも動かない

死因を調べようかとも思ったが止めた

どうしようも無いからだ

いつか必ず別れがくる

分かっているはずなのに、悲しい

”ベイ”はベイサイド大村のベイ

会社や私たちと共に成長した素敵なゴールデンレトリバー

ありがとうね、ベイ

安らかに

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です