新カテゴリー

おおむら夏越まつり関係のカテゴリーを作成しました
夏越関係はここでまとめて情報発信していきます

第1弾は夏越勉強会の報告
字ばっかりで申し訳ない(^^;)

平成19年おおむら夏越まつり
市民夏越委員会 全体会議報告

※ご注意
この会議は強制力をもつ会議ではありません
市民夏越委員会(市民フリー参加の受け皿)において夏越について勉強&討議する会議です
情報伝達の関係上、運営母体である青年会議所のメンバーが中心となってしまいますが一般市民の参加も自由ですよ、皆さんの参加をお待ちしています

日 時:平成19年2月26日19:30~
場 所:コミセン第3会議室

式次第
1)開会                                
2)資料の確認                             
3)大村青年会議所理事長挨拶                      
4)おおむら夏越まつりについての勉強会                 
・夏越マニュアルを用いて過去の夏越を検証
5)パネルディスカッション「夏越の時間」~これからの夏越~
※議事録無しのフリートーク
パネラー
・甲斐田観光コンベンション協会 甲斐田会長様
・大村YEG 陰平次年度会長予定者様 
・市役所夏越実行委員会 葉山様
・大村JC 鶴田理事長様
コーディネーター:北村貴寿
6)グループ討論 「これからの夏越」
議事録
・25神社合同の夏越祭という特徴を生かし神事を全面的に押し出していくのが良い
・神事がメインとはいいがたい状況、催し物を詰め込みすぎて統一感がない
・神社との協力体制が取れているとは言いがたい状況に問題がある
・神社MAPやスタンプラリーなど観光開発が必要、市民に周知や情報伝達がなされていない、PR不足
・各神社が動きやすい状況をつくるのも大切
・100年続くまつりを目指すならば毎年同じ形を通すべき、夏越独自のスタイル確立を(現状がベストとは思わないが)
・市民のニーズは多種多様であるが、このままの夏越でも良いのではないか、同窓会祭、屋台祭、やさしい祭で良いと思う、無理する必要はない
・まつり場の整理が必要
・神社に単独の夏越を中止してもらい、おおむら夏越まつりまで待ってもらう
・事務局移転については観光協会が良いと思うがまだまだ難しいのでは
・JCがメインという部分でのメリットが大きいように感じる
・目的をしっかりと確立させる、ターゲットを絞る、現状では定まりがない
・資金集めシステムが確立しないと移転は無理、確立した後に移転を議論すべき
・今回のような会議を今後も開催し、一般市民の声を拾うべき
・まつりの内容が盛りだくさんで欲張りである
・参画団体の殆んどがまつりの目的を理解していないのでは。他団体にも役割を担ってもらうことによりより多くの議論ができると思う
・これだけ継続してくると続けることで精一杯、変えようとしても帰られない状況なのではないか
・段階的、計画的に時間をかけて役割分担をしていく流れを作り事務局の移転を
・事務局を移転すればJC活動にも弊害があるのでは。観光協会に移転した場合、資金集めに支障がでる可能性がある(花火と夏越の寄付先の違い等)
・事務局移転に賛成、まずは場所の移転だけでも大きな第一歩
・JCがやっているから神事を核にせざるをえない。本当に意味においての市民のまつりとなれば神事を外せるかも
・神事があるから参画できない方々も多い、その意味で足かせになっている
・神事を外せばJCが事務局でもいいのでは
・移転先にスペースがあるのか?期間限定の事務局開設であればあまり意味が無い。事務局員の年間常用雇用があれば意味があるのでは
・新しい息吹をいれるということで移転には賛成
・継続する為に神事が核となっているのであれば、別の核を探しても良いのでは
・1回やめる、JCがやるから変えられない
・神事の祭であるから神社の協力がもっとほしい
・大村の飲食業の方にもっと出店してほしい、現在は値段も高く、美味しくない
・トイレが少ない、花火の上がる時間が遅い
・企業参加がもっとほしい、活性化に繋がるのでは
・市民参加型の祭なら市民のフリー参加が出来るイベントが必要
・まつり場および代替駐車場の確保が難しい
・大村独自の総踊りが良いという声もある、ボランティアの発掘を
・神事を柱にするのは難しいのでは、イベント的な夏祭りでよい
・関係者の知人が来ているような感じがある
・やはり神事が大切、人が集まらないと神事も成り立たない
・事務局移転には賛成、だが場所よる
・他団体に祭を移す第一歩であればやるべき
・夏越の事務局として確立すれば他団体も参画しやすくなるのでは
7)前年度実行委員長挨拶
8)閉会

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です