産廃問題

チョコチョコと話を耳にする産廃問題

職場がある三浦でも派手な反対看板が立っている
ミクシーでも話題になってたのでコメントしてみた

私自身も友人から相談を受けたりした
それも一人じゃない

産廃産業、というかゴミ問題は私たちがゴミを出し続ける限りなくならない
それを扱う業種だって必要な業種だ

苦情対象の会社には現役議員がいたり、メンバーがいたりする
誰がどう関わっていようが、関係ないことなのだが
電話しやすかったりするのはメンバーだったりする

産廃業も慈善事業ではない、れっきとした商売だ
客や周りからクレームがきたら対処するべきだろう

匂いやホコリがひどい、地下水がよごれる

ならばそれを解決するためのコストを乗せるべき

そして客はコストを負担しなきゃならない

反対署名活動なんてのもあったみたいだが、許認可は県にあるという
大村のことは大村市で決めるのが地方自治なんだが、まだ法整備には時間は掛かりそうだ

問題などが起こる、ということは、それなりの説明責任は果たしているんだろうが、住民には伝わっていないケースが多いのではないか?

産廃業じゃないけど、企業が進出してくる為の説明会に住民二人だけ、って話も

企業にとっては、手続きは踏んだ、ってことだろうけど、住民は聴いてないよ、で話がもつれるのは見える

そんな説明会でよしとする企業も企業だが
住民のアンテナの低さもどうかと思う

まあ双方に責任があるわけだ

問題は解決しようとする姿勢が大事だと思う
説明や同意を求める活動のやり直しをするしかないだろうな

そして住民はコストを受け入れるかどうか考えなければならない

そんな簡単な問題じゃないかもしれないけど
何かをやるしかないだろうね

ちなみに話をくれた友人の一人は引越しを検討してるそうだ

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です