は日本が占領していた。
いま中国との狭間で揺れている。

当時は台湾での教育に日本語が使われていた
週刊誌で阿川なんとかさんと台湾の総統が対談してて、
占領されていたが日本のイメージは良い、とのこと

その台湾で教鞭をとっていた入居者が亡くなった。

1月に脳梗塞で倒れ、そのまま入院。
心筋梗塞と肺炎を併発され、87歳で永眠された

ウチでは8年のお付き合いをさせて頂いた。
恰幅が良く、髭を蓄えられ、達磨のような顔をされていた
お酒が好きで陽気、そして勉強家
戦争を生き抜いてきた胆力・迫力がある方だった。

台湾での教え子の皆さんと交流を続けておられ、ウチにも遊びに来ていただいた。
台湾ビーフンを良く送ってもらい、私もおすそわけで頂いていた。
李登輝総統とも交流があったらしく、握手した写真を飾っておられた。
司馬遼太郎などとも手紙のやり取りがあったとのことだった。

ウチでの新年会では毎年入居者の代表としてスピーチをいただいており、
毎年本当に聞き応えのあるお話でユーモアを交えて皆を沸かしていた。
先生、先生、と本当に慕われた方だった。

人格者、とはまさにあの方の事を言うのだろう。

決して若くはなく、天寿を全うされた、といってもいい年齢だが
本当に惜しい方が亡くなった。

”はよう嫁ばみせんかい”といつも言われていたっけな
オーバーな表現かもしれないが、日本の宝が一つなくなったような気がする。
私自身とても寂しい

安らかに眠ってください。合掌

さて、もう一つブログを開設しました。
こちらは理事長としてのオープンブログです。
私的なものと、公的なもの、使い分けていきたいと思います。
お暇な時にどうぞ
http://blogs.yahoo.co.jp/takacya

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です