2月公式訪問例会 理事長挨拶

みなさま今晩は!
英知と勇気と情熱をもった、Jayceeの皆様、ようこそ、私達の街 大村へお越しくださいました。
高いところからではございますが、大村JCを代表し御礼を申し上げます。
本当にありがとうございます!

本日は(社)日本青年会議所 九州地区協議会 会長 川越祐人 君 並びに 
長崎ブロック協議会 会長 芥川圭一郎 君 のご両名を初めとする、九州地区そして長崎ブロック協議会の役員の皆様、
また、長崎JC、佐世保JC、島原JC、福江JC、諌早JC、北松浦JCの理事長の皆様を初めとするメンバーの皆様がこのように多数、
一堂に会する場として、大村JCの例会を選んでいただきましたことを、改めて心より感謝もうしあげます。

今例会はメンバーの皆様方の友情をより一層深いものにする、
そして、九州の絆をより固いものにできるチャンスがある例会でございます。
どうか最後までゆっくりとお付き合いを頂き、実りのある時間を共有したいと考えておりますので、宜しくお願いいたします。

さて、我々は友情という言葉をよく使いますが、友情とはなんでしょう?
百花繚乱、百人百通りの考え方が有ると思いますが、私が思う友情のありようを現す言葉をご紹介いたします。

朋友信義 という漢字4文字の言葉がございます。

「朋」は同門の友、 「友」は同志の友 「信」とはまごころであり「義」とは正しい行ないである。 
全体の意味としては友との交際においては、お互いに信義を守らなければならない
襟元を開き、まごころをつくして助け合い、約束を守り、正しい道を歩むように忠告し合う、
相手に対するつとめを果たすのが朋友の信義であり、それがほんとうの友情である

なにやら堅苦しく聞こえるかもしれませんが、これが日本古来の美徳である、道徳に通ずるものであって、
信義をもって接することにより、友が親友となりえるのではないでしょうか。
親友とは素晴らしいものであり、この混沌とした現代を生き抜く勇気を我々に与えてくれる大切な存在であり、人生の宝物であります。
JCという団体は、私達に友情を深められるチャンスを十分すぎるほどに与えてくれます。
ともすれば、そのチャンスを軽んじがちになっているのでは、そして、つながりが希薄になっているのではないか、
という感情にとらわれることがあります。

メンバーに親友と呼べる友がいらっしゃいますか?
うわべのだけの付き合いになっていないでしょうか?
真心をもって、腹をわって、議論を尽くされていますか?
相手の目を見て、真剣に相手のことを思い、忠告をされていますか?
小さな約束でもしっかりと守り、勤めを果たしていますか?

JCの力の源は友情であります。友情こそが、我々にこの混迷した社会を行きぬく勇気と力を与えてくれます。
信義をもってメンバーと接し、固い絆を創りあげることによって、
JCが強くなり、我々が目指す、明るい豊かな社会が実現できるのだと信じます。そして、新しい日本ができるのです。
そのために、今一度、自分に問いていただきたい。友情とは何なのか
我々は何故、友情を深め、絆を固くする必要があるのか。
多くの仲間を見つけ、同志を探し、切磋琢磨し、熱く、楽しく、活動しようではありませんか。
私達の社会のために、今を生きている私達のために。JCの友情と活動が永遠に続くことを願いつつ、私の挨拶とさせていただきます。

今日のチャンスを存分に活かしましょう!最後まで宜しくお願いいたします!
ありがとうございました!

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です