総会が無事終了した
「重いぞ」と言われながらバッジを胸に付けてもらった。

元来、ステイタス、と言葉には違和感がある性質だし、
反骨、ロックバンド、オートバイ・・・
そんなものが好きだし、今も変わらない。

だからバッジなんてものには興味がなかったはずなのだが、
胸に留められた瞬間、両肩に何かが降りてきたような気がした。

卒業祝賀会が終わって、2次会、3次会、
楽しいのだが・・・全く酔えない。
ニコニコ笑ってるしかなかった。

左胸に圧迫感を感じる。
何故だ?なんでだ?

物理的にはありえない現象なので(これもつまらない言葉だね)
俺の内面が引き起こしていることだ

これがプレッシャー、というものか。

45年の間、継承され続けたバッジ
俺より長い間、存在している金属片

バブルの時も
オイルショックの時も
戦後の復興の時も

このバッジは受け継がれてきた。

そこに思いが込められていることは否定できない。

先日、先輩から

今は我慢の時代かもしれない。
だが、そういうときほどお前の糧になる
御旗を汚さぬように、
身体に気をつけて
頑張れよ

という言葉をいただいた。
かみ締めてみる。

やるしか、ないんだ。
後戻りなんてできない。

俺がJCにできることはなんなのか
俺がこのまちにできることはなんなのか

探して、率いて、やるしかない

気合入れてけよ、気合。

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です