title

毎年大晦日の恒例記事です。

・政治活動関係

なんといってもドナー支援制度導入が決定したこと。

6回目の一般質問でようやく実現した。
本当に嬉しかった。

「自分以外の誰かのために」

あなたの骨髄で助かる命があります。
そんな素晴らしい命のリレーの支援になれば幸いです。

今年は大きな選挙に深く関わった。
特に市長選挙、その戦いのスケールの大きさに改めて驚く。
そして権力に対峙する自我のバランスを考えさせられる。

私も過去、同じ戦いに挑んだ身。そこに後悔はない。
しかし9万市民の付託を得る為の戦いとはこれだけ多くの人心が関わるのかと改めて認識させられた。

今の私はその戦いに挑むに相応しいのだろうか。

市長は市政の最大権力者である。
その権限は多くの市民に影響を与える。街の未来にも。
生殺与奪の力があると言っても過言ではない権力だ。

「俺が俺が」で掴み取るべきものでは無いのかもしれない。
しかし「俺しかいない」という信念が無ければその力は手に入れることはできないだろう。
再び挑む日まで自身を更に鍛え上げなければ、そう感じた選挙でした。

市政報告書第3号を発行することができた。
第4号は来春の選挙が終わってからになると思います。

私に与えられた任期は残すところ4か月。
3月の予算議会が任期中最後の仕事になると思います。気を引き締めて臨みたい。

来春に再び信託を賜る為の戦いに挑みます。
皆さんのご支援を頂きますようにお願い申し上げます。

・弊社事業

介護関係は施設設備をリニューアルした。特に新しい浴室は好評のようだ。
もう少しいじりたいところがあるので新年早々に着手したい。

医療部門はペースダウンも見られる。3年目に入り落ち着いてきた、というところだろうか。
来年は情報発信に力を入れたい。

・その他

大学院に合格。嬉しかった。4月から夜間通学、新しい学びの道へ。
ただ卒業できるのか不安が先行してます。
議員、社業、学業をバランスさせるために準備をしなくては。

昨年の結びは

更なる学びを積まなければならない。
一つ一つの言動を丁寧にしたい。

としていた。「丁寧な言動」だったのかどうかの評価は皆さんにお任せするしかない。
評価は他人がするものだ。

ただ最近「丸くなったね、昔は”俺が俺が”という感じがあった」と言われた事があります。
少しは丁寧になってきたのだろうか。

新しい年は勝負の年。

「必ず勝つ」その一心で挑みたいと思います。

良いお年を!