title

テレビでもお馴染みだった著者のコメントはいつも本当に的確だった。

この人ホントに頭が良いんだな、と毎回得心していた。

途中から文体が変わる。死期を察してのことだろうか。

今さらながら、ご冥福をお祈りします。

 

 

奥様が夫との闘病を綴った本。

涙なしには読めない。