title

inobehonn

大ヒットした商品やサービスの13事例についてのレポートと考察。

イノベーションがそのようにして発生し、成果を出したのかが綴られています。

古い本なので今更なケースもありますが、その開発過程は興味深く、勉強になります。

イノベーション、その本質は情熱にあり、です。

 

ただ、最後の論考は言葉の言い回しがクドイかも。

全体的にもう少し分かりやすく書けばいいのにな、という感想を持ちました。

 

忙しい、時間がない、そんな言い訳ばかりで最近全然読書できてません。

インプットが不足気味で焦りの日々。

しかし選挙が終わるまでは仕方なし、か。