title

市議会時代に制度を提案した 福祉介護避難所のこと

その2です。

 

この制度は福祉総務課と安全対策課が所管。

現況の確認にいってきました。

平成25年の3月に 開設・運営指針 と 開設・運営の手引き が策定されました。

手引き書には災害想定のくだりもあり、完成度は高いという印象。

 

しかし、策定後は、

指定施設に緊急時用の段ボールベッドを1施設1台、意識啓発用のぼりを配布

したのみでその後の運用や見直しはなされていない、とのこと。

また、二次避難所としての受け入れ訓練等の実施は報告されていない、との事でした。

 

策定から5年が経過しており高齢者や障がい者関係施設も増えています。

指定施設の更新は勿論ですが、当事者からは制度の課題を指摘されています。

動画でご覧いただくと分かりやすいかも。

7分ごろからです。

 

 

この制度が実際に運用される(=災害が発生する)ことがないにこしたことはありません。

しかし、天変地異が散発する昨今、大村に災害が発生していないのはたまたまラッキーだっただけ。

当事者にさえ知られていないこの制度、先ずは周知と見直しから、というところでしょうか。

 

また、所管課は想定訓練だけではなく、実際に運用された前例(=被災地)を調査することが最も効果的だと話していました。

是非、担当職員を派遣して頂きたいものです。

 

このような活動をしていると、現職であればもっと…というもどかしい思いばかりです。

頑張らなきゃな。