5通目 04,12,03 理事会

皆様連日連夜、ホントにお疲れ様です。
師走に入りお忙しいことと存じます、本日も本年度理事会ですね
ラストスパート頑張りましょう~(^^)/

さて、昨晩の次年度三役予定者会議で、前回からの懸案でありました、
”理事会における可否同数の場合の議決”について協議し、
コンセンサスが取れましたので、次回理事予定者会議前にご確認いただきたいと思っております。

資料は添付のとおりです、

可否同数の場合は理事長が議決する、とさせていただきました。

定款では

第33条 (理事会の議長)
理事会の議長は、理事長又は理事長が指名したものがあたる。

第35条 (理事会の決議)
理事会の議事は、この定款に定めるもののほか、出席理事の過半数の同意を持って議決する。
ただし、可否同数のときは、議長がこれを決する。

となっております。

長崎ブロック協議会などでは、毎回議、協議を運営専務、審議をブロック長、と議長の指名を行っていますが、
大村JCの理事会では行っておりません(総会だけですね)。

理事のトレーニングの一環として、司会を理事で持ち回り、ということをやっておりますが、
これは大村JCの特色であり、よき伝統、です。
そのため、司会を務める理事の代理出席が行われ、議決権を委任しておくこととしております。

ですので、司会を勤める者は、議決権を有しないことになりますし、
2005年度は理事者が偶数ですので、可否同数の場合が想定される訳です。

その場合、前段のように理事長が決する、ということにさせていただきたいと思っております。

司会は議長ではなく、あくまでも司会である。

理事会の議長は理事長がつとめている、との認識です。

また、理事長は大村JCを代表する職務であり、賛否が分かれた場合には、その職責により、
理事長が判断し、決する、との認識であります。

皆様のご理解を宜しくお願いいたします。

それでは、また今晩(笑

                   北村

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です

北村タカトシ公式SNS

SNSでも日々の活動をお伝えします

後援会入会のお願い

皆様の支えが必要です